反響アップを考えたデザイン徹底的に反響アップを考えたデザインを採用

当社は、ホームページの反響アップのために様々なデザインで何度もテストを行い、初めてホームページを見た人が、3秒以内の直感で読みたいと思わせるデザインを採用いたしました。

ホームページの訪問者は、そのページが自分にとって、必要であるか不要であるかという判断を3秒間で行っているといわれています。

多くの人は、比較検討のために短時間で複数のホームページを閲覧しています。ですので、自分にとって不要な情報や分かりにくい情報だと感じた瞬間に、そのサイトを閉じて、他のサイトに移動してしまいます。

個々のサイトをじっくり読んでいたのでは、検討に時間がかかり過ぎてしまいますので、最初の3秒間の直感で判断しているのです。

たった3秒間の判断において重要な要素となってくるのが、Above the fold(アバブ・ザ・フォールド)という、最初にホームページを開いたときに見える領域で、ブラウザを下にスクロールしない状態で見ることができる部分です。

つまり、ホームページを見たユーザーが、最初に目にする非常に重要なエリアであり、この部分のデザインに対して工夫をこらし、ユーザーの目を惹かなくては、御社のホームページを見る事をやめてしまい、せっかくの集客も無駄に終わってしまいます。

最初に目に留まる重要な領域をどのようにデザインするべきなのでしょうか?
結論から説明すると、下記を意識したデザインにするべきだと当社は考えます。

どのようなデザインにするべきなのか。

電話番号・お問合せのバナーを目立たせる理由電話番号とお問合せのバナーを目立たせることによって、ユーザーに瞬時にどこに問合せれば良いかを理解させ、またお問合せを積極的に受け付けているという印象を与えることができ、実際に問い合わせてみるという行動を促すことができます。

しかし、目立たせる事を考えず、他の文字サイズと同一であったり、ただ掲載しているだけでは、

「どこに問合せればいいのか分からない。」
「新規問合せには、あまり積極的に対応してくれないのかな・・・。」
「電話や問合せのメールをしても、適当にあしらわれてしまうかもしれない。」

と感じ、そのまま他社のサイトへ移動してしまいます。

メイン画像のオリジナルデザインにこだわる理由メイン画像は、ホームページの印象を左右する重要な要素です。

先にお伝えしたように、最初にホームページを開いたときに見える領域で、ユーザーが初めに目に留まる画像なので、この画像を見ただけでどんなサイトなのか、何を売りとしているのかを明確に理解させる必要があるためです。

ありふれた画像素材集の中から適当な画像をピックアップしているメイン画像を持つサイトは、訪問者に対して信頼性に欠けてしまいます。

お客様の会社の雰囲気を伝えるためには、実際の会社の画像でないと明確に伝える事が出来ません。当社では、ユーザーに親近感を持たせるため、代表の方やスタッフの方の写真や、内装の写真を活用します。

もし、メイン画像のご用意が出来ない場合は、弊社スタッフがお客様の要望をヒアリングし、最適なメイン画像を制作致しますので、ご安心ください。

お問合せ